スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<Fate's world Part9>

はい。今日は三連弾行きたいと思います。
昨日、ブログのランキングをなんとなく確認したら、1000位あたりだったんですが
今日見たらなんか300位後半あたりになってました。
皆さんのおかげです。ありがとうございます。
最近、ヴィヴィオのコメントがないのは気にしないでください。
(正直言うと忘れてました。ごめんなさい。)

では、一個目<Fate's world Part9>はじまります。






フェイトが向かった先は病院だった。
途中、四人の男を連れている執務官として、
変な目で見られていたが、
フェイトはそんな事気にしなかった。
そして、なのはと自分の娘の病室に入っていった。
「なのは。」
「あ、フェイトちゃん。どうしたの?ってヴィヴィオ?」
「あ、うん。そのことでもあるんだけど。入ってきて!」
フェイトがヴィヴィオを椅子に降ろしながら言うと、
扉のほうから4人の男が入ってきた。
その光景にはもちろんななのはは愕然としていた。
「な、何かな?その人たち・・」
「うん。このことなんだけど・・
どうも、この人たちも次元漂流者みたいなんだ。」
「ヴィヴィオと同じ?」
「うん。」
なのはとフェイトが話していると天道が割り込んできた。
「おい。訳のわからない話の前に話してくれ。」
「ああ、そうだったね。」
フェイトが忘れていたような反応を示した後、説明を始めた。
「ここは地球とは違う世界。ミッドチルダ。私もなのは、あ、この人ね。
は元は地球に居たんだ。おそらくはあなた達とは違う地球にね。」
「違う・・地球?」
と加賀美が呟く。がフェイトはあえて無視した。
そして、自分の疑問を天道にぶつけた。
「ところで、ひとつだけあるんだけど。
さっき、あなたはここに
飛ばされた。といってたよね?」
「ああ。」
「誰に飛ばされたの?魔導師はいないはずでしょ?」
「それはこいつに聞いてくれ。」
天道がそう言いながら、空中に手を出す。
すると、そこの空気が捻じ曲がり、ハイパーゼクターが現れた。
「な、何それ・・今時空を捻じ曲げてたよね?」
「ああ、こいつが暴走したせいで俺らはここに飛ばされた。
ついでに言うと、ライダーは後3人、いやあいつを含めると4人か・・。」
「あいつ?」
天道の言葉にフェイトが疑問を浮かべると、加賀美が答えた。
「天道に擬態したワームだ。特徴はこいつとは間逆の性格をしているのが特徴。
あ、あと変身したときに黒いのも特徴だから気をつけてくれ。」
「そう。」
「ところで何だが・・」
フェイト、天道、加賀美が話してると後ろから矢車が言い出した。
「腹が減らないか?」
それを言うと加賀美と影山のお腹がぐぅ~と鳴った。
そして、加賀美が言った。
「フェイト、何処かで飯食える場所ないか?」
「あるにはあるけど・・」
「じゃあ、行こうぜ!」
「なのは・・いい?」
「んもう、私だってそんなにやきもち焼きじゃないよ。行ってらっしゃい。」
「うん。行ってきます。あ、ヴィヴィオは頼むね?」
「ん~どっちかって言うとヴィヴィオは連れてった方がいいと思うよ?
特に外傷もなく気絶してるだけみたいだし、ね?ヴィヴィオ。」
なのはは気絶してるはずのヴィヴィオに声をかけた。
すると、ヴィヴィオはむくりとたちあがった。
フェイトは起きているとは思っていなかったので少し動揺した。
「ヴィヴィオ・・いつから起きてたの?」
「あの、その・・そこの人が来た時。」
とヴィヴィオが指を指したのは矢車だった。
「え?あの人?そんな前から?」
「うん。」
「も~だったら早くに起きてよね。」
「ご、ごめんなさい。」
「まぁ、いいよ。じゃあ、行こうか。」
「はい。」
ヴィヴィオが返事をすると、フェイトを先頭に全員歩き始めた。

「着いたよ。」
フェイトが立ち止まった所は普通の家だった。
「フェイトさん。まさかここって・・・」
ヴィヴィオはいやな予感がして、
フェイトに言ったが的中してしまった。
「うん。私の家だよ。」
「はぁ、やっぱり・・・何で家に連れてきますかねぇ?」
「だって、お店行ったって文字がわかんなきゃ意味がないでしょ。
ここだったら私が料理できるし。」
「「料理?」」
フェイトの料理という言葉に二人の男が反応した。
天道と矢車であった。
「フェイトとか言ったか?厨房を貸してくれないか?」
「え?」
「俺にもだ。」
「は?あなた達何を言って?」
フェイトが?マークを一杯頭に浮かべていると、
またも加賀美がフォローを入れた。
「この二人、こう見えても料理上手いんだ。
だから、貸してやってくれないか?」
加賀美がそういうとフェイトは渋々頷いた。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

エンド

Author:エンド
初めましてそしてどうも、エンドです。 
ここはなのフェを中心に書いてるサイトです
百合なので無理ーって方は
グットバイ!してください。
すいません・・

キリ番のたびにssを作るかも?
踏んだら一声お願いします。

何か、個人的なことでもあれば、
nanoha_exceedcharge○yahoo.co.jpに連絡ください。
ポケモン好きな方大歓迎です!


このサイトはリンクフリーですので
リンクしたらご一報ください。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
アニソンYoutubeメドレー


presented by アニソン名曲.com

フリーエリア
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2チャット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。