スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<Fate's world Part8>

ごめんなさい。昨日の内に原稿が終わりませんでした。
挙句の果てに今日のこんな時間までかかりました・・
本当にすいません。
影山さんのキャラが崩壊しています。ご注意ください。


では早速。
<Fate's world Part8>始まります。



天道がフェイトの元にたどり着くと同時に声をかけた。
「おい、そこの。」
「は?というよりあなた、誰?」
「俺を逮捕するんじゃなかったのか?」
「まさか、天道?」
「ああ、そうだとも。」
「わざわざ、私の前に出てきてくれるなんてね。
あなたを逮捕します。」
フェイトは冷静に言った。
その時フェイトは優勢に立っていたが、
次の一言でほぼ同等になった。
「いいのか?そいつは。」
「なっ!?」
そう、フェイトはヴィヴィオを担いだままなので、
そこを突かれると少しばかり不利であったが、
フェイトは魔法が使えるという点で優勢だった。
だが、天道はそんなことも気にせずに話を続けた。
「お前に聞きたいことがある。」
「なんだ?」
「ここはどこだ?地球ではないだろう?」
「そう。ここはミッドチルダ。地球とは違う世界。
それもあなた達が住む世界とは全然ね。」
「なるほど。まったく厄介な場所に送ってくれたもんだ。」
「送ってくれた?誰が?魔法があるわけでもないのに?」
「お前には関係ない。じゃあ、俺は行かせてもらう。」
そう言って天道は後ろに向かって歩き出した。
だが、一歩歩いたところで何かにつかまった。
「どこに行くつもり?私は捕まえるといったはずだけど?」
「ほう。こんな荒業を使ってくるとは意外だ。」
フェイトは先ほど天道と離している間にクロノから教わった
ディレイドバインドを天道の真後ろに仕掛けていたのであった。
天道は多方向からのバインドに捕まった。
その時、加賀美と影山が走ってきた。
「これはどうなってるんだ?どうして天道が?それに・・えと、フェイトだっけ?」
「そうだけど。君は?」
「ああ、俺はさっき君に襲い掛かられたライダ・・え!?」
加賀美が話を止めた理由は簡単だった。
フェイトに両手足にバインドをかけたからであった。
もちろん、影山もかけられていた。
影山は「何で俺まで?さっき助けたじゃないか!」とか言っていたが
完璧に無視されていた。
「悪いけど、あなた達三人には私が連行します。」
「は?」
「なんで?」
フェイトの言葉に加賀美と影山は頭に?がいっぱいの様子だった。
一方の天道は諦めていた。
というより、元から抵抗する気はなかった。
何せ、情報を聞き出さなきゃいけなかったからだ。
それを考えない加賀美と影山は必死に抵抗していた。
「この!くっ・・一体なんなんだよ・・」
「兄貴~助けに来てくれよ~お願いだからさ~」
加賀美はだんだん諦め始め、影山はもうすでに半泣きだった。
そこをキックホッパーから変身をといた矢車が通った。
影山は完全にスルーされた。
歩いてくる矢車にはフェイトは手出ししなかった。
そして、矢車はフェイトに言った。
「おい、そこのエリートっぽい女。」
「何?」
「ここはどこだ?答えろ。」
「それは人に頼む態度じゃないよね?」
「ああ、そうだったな。
だが、質問しているのは俺だ。
いいから、答えろ。」
矢車がそういうとフェイトは「はぁ」と溜息をつき、そして言った。
「あなた達四人共、私について来てもらいます。
そこで全部の質問に答えます。」
「なるほど。いいだろう。」
天道がそう答えるとフェイトは全員のバインドをとき、歩き始めた。
バインドを解かれた三人と矢車はフェイトについていった。
ちなみにヴィヴィオはフェイトに担がれたままであった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

エンド

Author:エンド
初めましてそしてどうも、エンドです。 
ここはなのフェを中心に書いてるサイトです
百合なので無理ーって方は
グットバイ!してください。
すいません・・

キリ番のたびにssを作るかも?
踏んだら一声お願いします。

何か、個人的なことでもあれば、
nanoha_exceedcharge○yahoo.co.jpに連絡ください。
ポケモン好きな方大歓迎です!


このサイトはリンクフリーですので
リンクしたらご一報ください。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
アニソンYoutubeメドレー


presented by アニソン名曲.com

フリーエリア
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2チャット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。