スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これまた予告。出来ちゃったぜ(テヘ☆

あれ・・・・ども。
リクエストのを作ってたはずなんだけどなぁ・・・
何でだろう?
ああ、わかった。洗脳されたんだ。そうにちがいない!
というのは嘘で。
ごめんなさぁい!
てをつけませんでした!謝ります!
でも、ほら・・予告な訳です。(理由になってねぇ・・

では、ビギンズナイト the reverse side of fate 始まります。


「はぁ、全く・・あの二組はよくやってくれますね。
こちらの侵入もすこしは考えて欲しいですね。
まぁ、私達は彼女達オリジナルがいなかったらいないはずの存在ですし・・・
多少は良いとしても、彼らはこれまた派手に争っていますね。施設が崩れそうですよ・・
本当にこの娘を連れ出すのに苦労が・・・・」
「おい!いたぞ!こっちだ!」
「もう見つかってしまいましたか。意外に早かったですね。
もう少し彼女達がもってくれると思っていたのですが・・」

さて、そろそろ説明しましょうか。
私は星光の殲滅者。
私の任務はこの施設で捕らえられている「雷刃の襲撃者」の奪還。
何故なら、私のオリジナル。
高町なのはの補佐をするであろう私にも彼女の奪還任務が回ってきた。
それを受けたのはよかったが、高町なのははフェイト・テスタロッサと共に逃亡、そして、戦闘に至った。
さらに、もう一組は私にとって、いや、私達にとって相当のイレギュラーだった。
全く知らないような、第91管理外世界「地球」から突如現れた、翔太郎という男は、
この世界の全てを知り尽くし、それらを頭の中の「星の本棚」に保管していると言う少年を連れ去って、何処かへ逃亡した。
それによって私はこの娘、「雷刃の襲撃者」を連れ出すのに相当の時間をかけてしまった。
その所為で、私は逃げ遅れ、組織の戦闘員に捕まってしまった。
と言っても、今はまだ囲まれたばかり。
とりあえずは私一人の力でかわせるはず。
私はバリアジャケットに換装して、戦闘態勢に入った。
そして、彼らもまた戦闘態勢に入った。
そんな時、私に声が掛けられた。

「ねぇ、もしかして、戦い?」
「え?ええ、そうですけど・・」
「じゃあ、僕が戦うね。」
「え、いや、それは・・」
「いいもん。君に許可なんて求めないから。」
「いえ、それは困るのですが・・」
「なんでさー。」
「私があなたを連れて帰るように言われたからです。」
「・・・それだけ?なら、僕は戦うよ。連れ出してくれようとした君に悪いからね。」
「――――――っ!わかりました!本当の訳を言います!私は貴方が好き・・・です。」
「・・・そっかぁ。じゃあ、なおさら守らなきゃね。」
「いえ、ですから・・」
「じゃあ、これをしよう。」
「これって・・・・」
「おそらくはフェイトがバルディッシュを元にして作ったデバイス。
名前はまだわからないんだけど・・・君にこれを託すよ。」
「え?は、はい。」
「じゃあ、いくよ!ユニゾン!イン!」
「は、はい!?」
「掛け声は・・・・・だよ。」
「うぅ・・ちょっというのが恥ずかしいですけど・・・」
「まぁ、まぁ。行こうよ!」
「・・・はい。」

声を掛けてきたのは私が連れ出そうとした「雷刃の襲撃者」。
彼女は私が戦闘するのを見計らったように自分が戦闘すると言い出した。
だが、私は彼女を傷つけるわけには行かず、それを拒んだ。
でも、彼女は私が戦う理由をそれだけと言い放って、再び凛とした顔になった。
私はその顔に動悸を隠せないまま、勢い余った発言をしてしまった。
それは告白。
私がそうだったのだから、おそらく、オリジナルの高町なのはも「運命の子」フェイトに恋をしてしまっているはず。と私は思いたい。
そうでなかったら私は何なのだろう。
一人で突っ走ってしまっているような・・・
ああ、もういいですね。
さて、続けましょう。
彼女は私のその言葉を聞いて、更にやる気を出していた。
だけど、私も彼女を傷つけたくはない。
そのことについて、私は反論しようとした。
すると、彼女は私に宝石を手渡した。
それは「運命の子」フェイトが自分のデバイス、バルディッシュを元にして作ったであろうデバイス。
それを手渡した彼女は私とユニゾンしてしまった。
私は多少は驚いたが本当はその後だった。
そして、私達は戦闘員達に言い放った。

『絶望が貴方達の、ゴールだ。』
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

エンド

Author:エンド
初めましてそしてどうも、エンドです。 
ここはなのフェを中心に書いてるサイトです
百合なので無理ーって方は
グットバイ!してください。
すいません・・

キリ番のたびにssを作るかも?
踏んだら一声お願いします。

何か、個人的なことでもあれば、
nanoha_exceedcharge○yahoo.co.jpに連絡ください。
ポケモン好きな方大歓迎です!


このサイトはリンクフリーですので
リンクしたらご一報ください。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
アニソンYoutubeメドレー


presented by アニソン名曲.com

フリーエリア
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2チャット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。