スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

執事フェイトとなのはお嬢様Episode33

どうも。ようやくこっちの更新できました。
次回から変な話になりますがあしからず。
内容的には後の三人です。

では。執事フェイトとなのはお嬢様Episode33Wake Up!


「スバル!」
「うん!」
「リボルバー・・シュート!」
スバルがティアナの後ろから現れ、青い光弾が放たれ、自らもそれに続く。
「てぇい!」
それにティアナが続き、オレンジの六つのシューターがスバルの後を追った。
敵の下に青の光弾が届いた。
「てぉぉぉぉ!」
しかし、それは届かなかった、いや、防がれた。
白色の棘のようなもので。
スバルはそれらをかいくぐり、殴りかかる。
「おりゃぁぁぁ!」
「バカスバル!待ちなさい!罠でしょうが!」
「え?・・・う、うわっ!え?これ何?」
「戒めの鎖」
「このっ、バカスバル!」
「そんなことをいってる暇があるのか?」
「え?」
ティアナが後ろを振り向いた瞬間、吹き飛ばされた。
「きゃぁぁぁぁ!」
「ティア!」
「くっ!」
しかし、ティアナは踏みとどまった。
だが、ダメージを受けていることには変わらなかった。
そして、スバルは相変わらず捕らえられたままだ。
「ティア!・・・このぉぉぉぉ!」
“ばりん!”
その音と同時にスバルを捕らえていたバインドが割れた。
「なっ!」
「私達は勝たなきゃいけないんだ!」
「スバル!」
「うぉぉぉぉ!」
「シャマル!」
スバルがシャマルに向かって拳を振り切ろうとした瞬間、
ザフィーラが寸前で拳を捕らえた。
「くっ・・」
「ふん!」
「う、うわぁぁぁぁ!」
スバルが競り合うまもなく吹き飛ばされた。
しかし、流石に壁までたどり着かなかった
「ザフィーラ・・ありがとう。」
「ああ。」
ザフィーラが返事をした瞬間。
“すどぉぉぉぉん”
何処かが壊れたような音がした。
「ちぃ!」
「これが渡さんの力ですか?」
「このっ!ユーノ!」
「脇が甘い!」
「なっ!?・・・ぐふっ!」
渡とユーノの戦いに気が付いたザフィーラが渡の脇腹を蹴った。
渡はスバルたちの方向に蹴り飛ばされた。
スバルはそれに反応し、とっさに渡を受け止めた。
「大丈夫ですか!?渡さん!」
「うん。大丈夫、ありがとう。」
スバルが心配そうに声を掛け、渡が答えた。
もう一方では、
「助かりました、ザフィーラ。」
「余裕そうに見えたが?」
「全然です。流石、渡さんです。動きも早いし、一発も重かったです。」
「そうか。」
渡について話していた。
「じゃあ、三人で戦ったほうがよさそう?」
「ええ。僕が守るので、シャマルさんは・・・って言わずともわかってますよね?」
「ああ」「ええ」
話が終わり三人がキッと前に向き直った。
しかし、その先には渡一人しかいなかった。

三人がほんの数瞬はなしている間。
「スバル、ティアナ。」
「「はい。」」
「君たちはここから下がって。」
「「はい。・・・え?」」
渡の提案に二人は一瞬返事を返してしまったが、疑問が残った。
だが、渡は続けた。
「いいから。下がって。」
「何でですか?私も戦います!」
「そうですよ!渡さんだけ残してなんか行けません!」
やはり、反対する二人に渡は心の中で苦笑しながら、呟くように言った。
「・・・ありがたいけど、巻き込まれて欲しくないんだ。
それと、僕の本当の姿を見て欲しくない。」
「本当の・・・姿?」
「うん。」
「・・・わかりました。深くは探りません。ですが、必ず帰ってきてください。」
「うん。それは約束する。」
ティアナが渡の言葉を理解して、引き下がった。
そして、後ろに振り向いた。
「では。」
「ティア!勝手に話を進めないで!」
「・・・ごめん、スバル」
「ティ・・・」
スバルの反論を聞かず、謝って首筋に手刀を落とした。
それにより、スバルは一瞬で気絶し、地面に倒れた。
それをティアナが抱え、去ろうとした。
「あ、ティアナ!」
「はい?」
「これ。」
そう言って、手渡されたのはカイザの待機モード。
「でも、いいんですか?」
「・・うん。僕にはもう一つあるしね。」
「・・・そうですか。では、今度こそ。」
「うん。じゃあ。」
ティアナはスバルをかかえながら歩き始めた。
渡のカイザを握り締めながら。


「はぁ、これをここで使わされると思わなかったな。」
渡が手の中にある宝石を見る。
そして、空中から何かがやってきた。
「おい、渡。・・使うのか?」
「うん。制御お願いね。「・・・・」」
名前がよく聞こえなかったが、
渡の手の中にあった宝石は一瞬のうちにして剣になっていた。
そして、服装も、漆黒のマントに包まれた。
「やろうか。」
「ああ。」
渡が短いやり取りを終えて、一気に踏み出した。


「ぁぁぁぁぁぁ!」
「渡さん、一人だけ?」
「気にするな!」
「そうね!」
渡が叫びながら突っ込んだ。
三人は冷静に反応した。
「ザフィーラ!さっきと同じ。」
「心得た!」
渡の突撃にユーノが前に出て防御魔法を張った。
先程までの渡の攻撃はユーノのこの防御を破れなかった。
そして、ザフィーラも動いた。
「でやぁぁぁ!」
「ぐぅぅぅ!」
渡が剣を振り下ろし、ユーノの魔方陣と衝突した。
やはり、硬いのか渡も破れない。
「はぁっ!」
ザフィーラが先程と同じように蹴りかかった。
しかし、それが渡に届くことはなかった。
「なっ!・・ぐわぁぁぁ!」
届かなかったと思われた刹那、ザフィーラが吹き飛ばされていた。
そう、渡は裏手で鞘を操り、ザフィーラのけりを受け止め、逆に吹き飛ばしたのであった。
「ザフィーラ!」
ユーノが叫んだ次の瞬間。
“バリン!”
ユーノの魔方陣が砕けた。
「な!」
「ユーノ君!」
とっさにシャマルが防御盾を繰り広げユーノを守った。
「ありがとう。シャマルさん。」
「ウェイク、アップ!」
「「!?」」
声と共に渡の剣の刀身が赤く染まる。
渡は剣を横に振り、その赤く染まった剣から衝撃波が放たれた。
それは盾を完全に消し去った。
そして、後ろにいた二人をもまとめて吹き飛ばしていた。
「・・・・・・」
そこに立っていたのは再び渡一人。
ザフィーラたちも立つ様子がない。
そう思い、渡は剣を元に戻した。
「終わったな。」
「・・うん。」
「もう、いいのか?」
「・・・うん。」
「わかった。じゃあ、いくか。」
「うん。」
そう言って、渡の体は消えていった。

その後、ザフィーラ達も元の場所に戻されていた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

エンド

Author:エンド
初めましてそしてどうも、エンドです。 
ここはなのフェを中心に書いてるサイトです
百合なので無理ーって方は
グットバイ!してください。
すいません・・

キリ番のたびにssを作るかも?
踏んだら一声お願いします。

何か、個人的なことでもあれば、
nanoha_exceedcharge○yahoo.co.jpに連絡ください。
ポケモン好きな方大歓迎です!


このサイトはリンクフリーですので
リンクしたらご一報ください。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
アニソンYoutubeメドレー


presented by アニソン名曲.com

フリーエリア
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2チャット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。